January 31, 2019

歯科適応漢方について

平成30年から歯科適応漢方が11種類に増えました。
それまでは7種類でしたが、4種類増えました。
増えたものを見ると、口腔内のいくつかの
不定愁訴に対応できるものが入っているので、
うれしいです。4種類増えたということは最近知りました。
特に葛根湯は保険適用になる前から、
顎関節症の患者に処方していました。
11種類の中に1度も出したことがないのが、4種類あります。
それをもう少し勉強して、出していきたいと思います。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

December 16, 2018

顎関節症について気付いてこと

現在、石浩歯科には顎関節症の患者さんが2名ほど通院しています。
結構,重症で手ごわいです。
治療としては、マッサージとソフトレーザーです。
治療した後、4,5日は調子がいいのですが、症状が戻ってしまいます。
初診よりはよくなっていますが、歩みが遅いです。

治療して感じたことは、精神的な影響もかなりあると思われます。
簡単に言えば、顎が痛くて、将来的にものが噛めなくなるのではという不安です。
これは口臭治療にも通じるところがあります。
なるべく、患者さんと話をして、不安を軽減することも大事だと感じました。
あと、ものを噛む位置も大事だということです。
一番奥で、噛むのではなく、糸切り歯の後ろぐらいで噛んでくださいというと
頬っぺたの筋肉の痛みがなくなるということです。

以上が最近感じたことです。

| | TrackBack (0)

December 02, 2018

3MIX症例報告 3

これは左下6番の症例で平成25年9月9日虫歯で神経を取りました。
それが1年ぐらい前から少し腫れてきて、とうとう平成30年10月24日より
再治療になりました。お恥ずかしい限りです。一生懸命やったつもりですが、、

時系列でレントゲン写真を載せておきます。

平成25年9月25日、神経を取り、薬を詰めた時のレントゲンです。
Dscn0112


平成28年2月9日 根っこには異常はありませんでした。
Dscn0113

平成30年10月24日再治療2回目の時のレントゲンです。根っこの周りに黒い影ができています。
Dscn0114


平成30年11月28日に最終的な薬を詰めました。この時には症状はほとんど消失しています。

Dscn0115

最終的な薬を詰める判断は歯をたたいても痛くなくなった時に詰めています。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

3MIX症例報告 2

これは差し歯が取れて、レントゲンを撮ってみると根っこの先に黒い影があったので、治療が必要ということで、
10月27日から治療を開始しました。痛みなどの症状はありません。

レントゲン像

Dscn0110

11月2日、10日と治療し24日に薬を詰めました。

薬を詰めた時のレントゲン像

Dscn0111

最近は早めに薬を詰める傾向です。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

November 18, 2018

3MIX症例報告 1

ホームページを新しく作り返しました。古いのはそのまま残します。
これを機会に症例報告を再開します。

この症例は左上7番で、30年ぐらい前に他の歯科医院で神経を取りました。うちでは冠をかぶせ直しただけでしたが、患者さんから、頬っぺたの方の歯茎が腫れて、歯が浮いて噛めないと言われました。見てみると1ミリぐらい、頬の方が腫れていました。それと歯をここんこんと叩くと響いていたいといいました。すぐにレントゲンを撮りました。

これがレントゲン像です。
P1020007

根っこの先に大きな影ができています。
10月5日に根っこの治療を開始しましたが、根管が閉鎖していて、治療をしようにも穴が見つからないので、お手上げでした。試しに3MIXを入れて1週間ほど様子を見ました。10月12日に来院され、症状を聞くと、浮いた感じが
消え、頬っぺたのふくらみも治っていました。もう1度根管を探しましたが、見つからないので、そのことを患者さんに告げ、次の時に3MIXを歯に入れたまま被せてもいいか尋ねました。患者さんは症状が消えたので、大丈夫ですと言ってくれました。

下の写真は3MIXを入れた時の歯の写真です。開始から2週間たっています。

P1020010

この症例に対してはいろいろな意見があると思いますが、自分としては極力歯を抜くのは嫌なので、この治療になりました。根っこの先の黒い影はもう少し時間がたてば、治っていくと思います。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

December 24, 2017

歯周病に漢方を使います

石浩歯科では、歯周病の治療に補助的に、排膿散及湯という、
保険適用の薬を出すことがあります。
効果としてはほどよく効いてくれます。
基本として2週間出します。
患者さんには2通りの飲み方で、出します。
歯茎が腫れて出血がひどいときには
集中的に飲んでもらい、歯茎が落ち着いているときは
、頓服的に飲んでもらっています。

 排膿散及
Dscn0096


| | Comments (0) | TrackBack (0)

November 16, 2017

久しぶりのメタルボンド

本当に久しぶりのメタルボンドです。
現在、自院では基本的に自費はすすめて
いません。患者さんの要望があればやるという
方針です。

自分の自費の考えは補綴(被せもの)の場合は
材料の違いだと考えています。

現在ボンドは金属の値段が上がってしまったので、
1本4万円でやっています。昔は3万円でした。

メタルボンド
Dscn0093

Dscn0094

Dscn0095


| | Comments (0) | TrackBack (0)

November 12, 2017

舌痛症の漢方治療 加味逍遙散

舌痛症は舌がぴりぴりと痛む病気で、原因がいくつか
組み合わせものとかがあり、なかなか治りにくい病気です。

私の経験ではストレスと舌の傷が組み合わさったものでは
ないかと考えます。歯や詰め物がとがっていれば、
そこを丸めれば治るのですが、それだけでは
治らない場合が多いのです。ストレスで、
舌を歯に押しつけたり、
こすったり、無意識のうちにやっているのでは
ないかと思います。

加味逍遙散は更年期障害の治療薬ですが、
いらいらなどを押さえる
効き目もあります。今まで、3人ほど処方しましたが
、すぐに効く方、あまり効かない方と
ばらばらでなんともいえません。
加味逍遙散に似た漢方で効く方もあるかもしれません。
これからの課題です。

加味逍遙散
Dscn0082


| | TrackBack (0)

新しい口臭グッズ プロペリ

新しい口臭グッズが発表されました。
プロペリといいます。
これはプロフレッシュの強力バージョンで、
プロフレッシュの1.6倍の強さがあり、
歯周病と口臭のために開発されました。
対象は口臭が気になり、歯周病もある方に
もってこいのものです。
またプロフレッシュでは不安があるという方にも
いいと思います。値段が500円ほど高くなります。
患者さんの感想は使いかけてから、歯肉が引き締まった
感じがするといわれていました。
効果はあるようです。

プロペリ
Dscn0091_2


プロフレッシュとプロペリ
Dscn0090_2


| | TrackBack (0)

患者の心の状態がわかる器械を導入しました。

このブログを更新するのは2年半ぶりです。
口臭治療も日進月歩で進歩しています。
今日、紹介する器械は患者さんの自律神経の状態が
わかるという器械で、主に心療内科とか、精神科で
使われている器械です。
ほんだ先生が自律神経の状態がわかる器械が
ないかと探されて見つけられたものです。
心拍の波形を分析して自律神経の状態を調べる
器械で、自分でも試しましたが、かなり
正確に自律神経の状態を表すことができます。
また血管年齢もわかりますが、これは
少し誤差があるかもしれません。
これでわかったことを役立てるかが今後の課題です。
今、ほんだ先生が考えているのは呼吸法です。
深呼吸をすることによって、交感神経を沈めることができます。

私は漢方を使うことができないかと考えていますが、これからの課題です。

自律神経の状態を見ることができる器械

SA3000Pです。

Dscn0085


Dscn0087


Dscn0088


Dscn0089


| | Comments (0) | TrackBack (0)

«歯医者の独り言