« July 2005 | Main | September 2005 »

August 23, 2005

3MIX症例13その続き1

4回目の治療で最終的な薬を入れました。症状はほとんどありませんが、動揺は残っています。小さな腫れは消失しています。

1回目の治療時
DSCN0341

4回目の治療時
DSCN0374

1回目の治療時のレントゲン
DSCN0353


4回目の治療時のレントゲン
DSCN0377

| | Comments (0) | TrackBack (0)
|

August 17, 2005

3MIX症例9その続き6

6回目の治療で、最終的な薬を詰めました。その直後の写真です。5回目の時に比べきちんと腫れは治っています。

5回目の治療時の写真
DSCN0358

6回目の治療時の写真
DSCN0368

6回目の最終的な薬を入れた時のレントゲン
DSCN0372


| | Comments (17) | TrackBack (0)
|

August 08, 2005

3MIX症例1総括

2ヶ月ぶりに患者さんが来院され、冠をいれたところの写真とレントゲンをとりました。今までの経過をレントゲンで見てください。確実に黒い影が小さくなってきています。3MIXの効果を裏づけできる症例だと思います。

術中の写真
DSCN0114_thumb


冠をいれて2ヵ月後の写真
DSCN0360

術前のレントゲン
DSCN0361

最終的な薬をいれた時のレントゲン
DSCN0364

冠をいれて2ヶ月後のレントゲン
DSCN0367


| | Comments (2) | TrackBack (0)
|

3MIX症例11その続き2

4回目の最終治療時の治療の写真です。少し腫れがでてきています。痛み,動揺はありません。腫れは多分引いていくと思われますが、様子を見る必要はあります。3回目の治療時には腫れはありませんでした。そのときに3MIXは入れ替えをしました。

治療前
DSCN0327

2回目治療時
DSCN0356

4回目治療時
DSCN0359


| | Comments (5) | TrackBack (0)
|

August 06, 2005

3MIX症例9その続き5

5回目の時の写真です。4回目より少し腫れています。痛みはありません。3MIXの永久歯根管治療に応用したときにみられる症状です。次回はたぶんきれいに治っていると思います。

4回目治療時の写真
DSCN0357

5回目治療時の写真
DSCN0358

| | Comments (0) | TrackBack (0)
|

August 04, 2005

3MIX症例14

3MIX症例7の患者さんです。左下Dでこの歯は去年の12月に再治療したのですが、急に腫れてきてしまいました。術前のレントゲンと写真を載せます。腫れてから3から4日経っていますので、腫れた状態がわかりづらいです。処置は穴を開け、洗浄し、3MIXを入れてアイオノマーセメントでふたをしました。

術前の写真
DSCN0338

術中の写真
DSCN0339

術前のレントゲン
DSCN0352

| | Comments (1) | TrackBack (0)
|

3MIX症例7その続き3

3MIX症例7の患者さんが1ヶ月ぶりに来院されました。術後1ヶ月ぶりの写真です。レントゲンは経過を追って載せます。全く異常はありまん。レントゲンでも腫れた歯の根っこのまわりが白くなってきているのがわかります。

術中の写真
DSCF0009

術後1ヶ月後の写真
DSCN0336

術後のレントゲン
DSCN0342

術後10日後のレントゲン
DSCN0343

術後1ヶ月のレントゲン(少しぶれています)
DSCN0351


| | Comments (0) | TrackBack (0)
|

3MIX症例9その続き4

3回目の治療から6日後腫れは完全になくなりました。写真は4回目(治療直後)の写真です。

3回目の写真
DSCN0324

4回目の治療直後の写真
DSCN0357

| | Comments (0) | TrackBack (0)
|

August 02, 2005

3MIX症例13

右下5番に痛みが出て来院されました。レントゲンでは5番の根っこの周りに黒い陰がみえます。また歯の近くの歯肉に膿の出る小さな穴がありました。神経が死んでその影響で、根っこの周りに黒い陰ができ、体調が不良の時に痛みが出たのではないかと考えられます。根っこの掃除をして3MIXを貼薬しました。

治療直後の写真
DSCN0341

レントゲン
DSCN0353

| | Comments (0) | TrackBack (0)
|

高周波治療症例1

上顎左右1の歯周治療の高周波を応用した症例です。初期治療で、右1番に7ミリ、左1番に9ミリのポッケトが残りました。左は排膿があります。治療は麻酔をうって、歯石を取ったあと高周波で殺菌し、抗生物質をポケットに入れました。

歯石を取ったあとの写真
DSCN0333


高周波で殺菌している写真
DSCN0335


| | Comments (0) | TrackBack (0)
|

3MIX症例12

左上7番が噛むと痛いという主訴で来院されました。レントゲンをみてもきれいに治療してあり、はっきりしませんでした。急化Perの痛みが出る前の段階ではないかと思い、抗生物質と痛み止めを処方しますと言ったら、抗生物質はのみたくないと言われ、痛み止めだけ処方しました。翌日に来院してもらいましたが、痛みはあまり変わらないといわれ、診断がはっきりしませんでした。冠をはずしたほうがいいと言ったら、納得してくれ冠をはずして、根っこの薬をはずして、そのまま帰しました。冠をはずしたとき腐敗臭が感じられ、そのことを患者さんのに告げるとやはり口の中で感じていたと言われました。今日来院されたとき、痛み、臭いはありませんでした。診断としてはPerと思われます。今日の治療としては、少し根っこの掃除をし、3MIXを貼薬しました。

治療前のレントゲン
DSCN0354

冠をはずして数日あとの写真
DSCN0332

| | Comments (0) | TrackBack (0)
|

3MIX症例11その続き1

3MIXを入れてから4日後の写真です。きれいに腫れは消えています。

治療直後の写真
DSCN0327


4日後の写真
DSCN0356

| | Comments (0) | TrackBack (0)
|

« July 2005 | Main | September 2005 »